• ホーム
  • ニコレット使用者の平均使用期間

ニコレット使用者の平均使用期間

2020年01月25日
禁煙

禁煙を試みる喫煙者に、禁煙補助剤として利用されているのが二コレットです。
指定第二類医薬品であり、ドラッグストアや薬局等で販売されています。
現在では、二コレットとニコレットミントの2種類があり、形状としてはガムとパッチで展開されています。
これらの禁煙補助剤は、タバコ以外の方法で体内へニコチンを摂取する方法となるので、2mg前後のニコチンを含んだ製品となっています。

ニコレットのガムにしてもパッチにしても、体質的に合う合わないと言うこともあるので、使用上の注意を守り、医師への相談も兼ねながら行うことが望ましいです。
ニコレットを使用しての禁煙成功率は、臨床試験の結果から4割以上となっており減煙では約3割となっています。
ニコレット使用者は、ガムの場合はタバコを吸いたくなったら噛み、パッチの場合は起床時に貼って16時間を目安に就寝前に剥がします。
ニコレットの平均使用期間には個人差があるものの、使用開始2ヶ月目から少しずつ使用回数を減らし、3ヶ月を目処に使用を終了する旨が促されています。
3ヶ月よりも前に使用を終了するのは良しとされていますが、それ以上の期間使用する場合は医師への相談が必須となるのです。